キハ185系 JR四国色

実車は、国鉄時代に緑色の帯を纏い四国に登場しました。しかしJR化後、ブルーの帯に変更となりました。
キハ181より柔軟に編成が組めるため短編成化には貢献しましたが、2000系や8000系電車が相次いで登場したため四国特急の主役からは退いています。


小舞鉄道では、特急列車の最大勢力を誇っておりキハ185系は32両が在籍しています。
(JR四国色は12両+アイランドU4両)
キハ185 しおかぜ 小舞鉄道では車輌の都合上、アイランドエクスプレスUの先頭に立つこともあります。
(自作版アイランドUは保留車になりました。)
キロハ186 キハ185−0
製品版アイランドエクスプレスU 
ヘッドマークは印刷済みでした。
号車表示まで見事に表現されています。
さすが製品版です。 
リニューアル版です。
フライホイール化や前面帯の位置変更など改良が加えられています。